J'EMBRASSE PAS (1991)

d0103561_0313764.jpg邦題「深夜カフェのピエール(なんだそりゃ!)」です。しかしまぁなんとも観賞後の不快感が!数日経ってるのに全く消えない、衝撃的な、ホラー映画は嫌いだけど私にとってはソレに近いもんがあった、「ボーイズ・ドント・クライ」を観た後と同じ感じの作品だった。冒頭、タイトルが出て、アンドレ・テシネ(監督)、ときて覚悟を決めつつも舞台はパリだし、音楽はフィリップ・サルドだし・・って20年前に観た「ランデヴー」の時もそうやって期待してダメだこりゃ!だったのに。でも「アリスとマルタン(邦題は「溺れゆく女!」)はまぁまぁ好きだったんですけど。
というか、この映画、仏滞在時に封切りされたばかりだった記憶が。あの時観てなくてヨカッタ~。
[PR]
# by smithsmori | 2007-05-16 00:00 | 過去ログ(映画)

olivier martinez (1966, France)

悩殺!
やったねーオリヴィエ!人生いろいろ、新作期待してます。
d0103561_1627429.jpg

[PR]
# by smithsmori | 2007-05-12 16:27 | 過去ログ(映画)

Nelly & Monsieur Arnaud (1995)

d0103561_10123972.jpgクロード・ソーテ監督だけに外すことナイと思ったがああいう俗に言う室内劇ような2人だけのやりとり、結構夢中になって聞き入る方なんだけど、どう考えてもツマラナイ出来になっていた。途中、ジャン=ユーグ様が出てきて話に面白味がでるかと期待したが、そーでもなく、んじゃ何であんた出てきたの?というせっかくのジャン=ユーグ味がもったいない使い方されていた。主演男優がなぁ、特に悪いわけではないけど、たぶんイヴ・モンタンだったらよかったかなぁ、いやそれではあまりにフザケすぎ?女優がなぁ、誰だったらよかったかは考え中。もしかして別のジャン=ユーグ様がらみの三角関係仏映画と比べたからダメだったか。ええとアレは・・ナスターシャ・キンスキーとミッシェル・ピコリ共演の映画。名前は忘れました。
[PR]
# by smithsmori | 2007-04-29 00:00 | 過去ログ(映画)

La maman et la putain (1973)

d0103561_0454289.jpgジャン・ピエール=レオ、ここにアリ!という映画。トリュフォーの生き写しと言われ、アントワーヌ・ドワネルの物語がまだ続行中であった(後で調べよう)1973年に不良パリジャン役でこんな映画に出ていたこと、私はいつ知ったのだろう。パリでは老舗映画館などで永続的に上映されているとどこかで読んで、それでコレを見る為にその昔、パリへ行ったのだった。なのに私のパリ滞在期間は上映している映画館がなく・・帰国して何年かして東京で観た。そんな想い出の映画。3時間という長丁場だが、古き良きだらしなき時代を観るのが愉しい。そこにある物や会話や仕草、服装はいかにも70年代!でも背景は今のパリとなんも変わってないのではないかなぁ、という意味で時々引っ張り出してみたくなる映画でもあります。
[PR]
# by smithsmori | 2007-03-03 00:42 | 過去ログ(映画)