カテゴリ:BWV880-( 12 )

●24番 :BWV893

もう限界を感じていたから、すっとばして24番フーガで終了。
ご命日だから、これもまぁ生きている証拠だと残しておいたのだった。
師匠いつもいつも安らかにね!!


[PR]
by smithsmori | 2012-06-13 06:23 | BWV880-

●21番、22番 :BWV890, BWV891

●22番:BWV891  2012年5月
仕上げにえらい時間かかった。ピアノの置いてある部屋の窓側のカーテンを洗濯屋に出したら、カーテン無しだと背に朝陽があたりまくって暑くて暑くて座っていられなかったのと、なぜかこの曲は練習しても思うように優しい音には仕上がらないと諦めていたので。そして、この22番のフーガは弾かない。いつかね・・、だ。


●21番:BWV890  2012年3月
Prelude
http://www.youtube.com/watch?v=RZO93RSxq1k
Fuga
http://www.youtube.com/watch?v=FGhI-Fdbsy0
[PR]
by smithsmori | 2012-05-01 15:22 | BWV880-

●19番:BWV888  2012年1月15日

2012年 新春の一枚。ブっ。
1988, France --- Scott Ross in the Chateau d'Assas. --- Image by Jacques Sarrat
d0103561_1611172.jpg



BWV888 ( As dur )
■ プレリュード
好き度:(☆マイナス)
8分の12、音が左右ぴったり合った試しがナイー。
ぜんぜん好きじゃないのでAじゃなくてAsで弾いてみた。


■ フーガ
好き度:★★

[PR]
by smithsmori | 2012-01-15 09:08 | BWV880-

● 18番:BWV887  2011年12月21日

ビョンビョンと日が過ぎ、うさぎ年があと数日で終わるーー
急いで練習、体力消耗ー

BWV887 ( G♯ minor→G moll )
■ プレリュード
好き度:★☆☆☆☆
本当はト短調じゃないけど、ト短調で弾いて季節ものを背景にー。



■ フーガ
好き度:★★★★★★★★
8分の六拍子、つまり酔っぱらいそうな船漕ぎ、のような、
ながいながいながい半音階の4分間・・・・周囲からウルサイ曲、と言われる。
http://youtu.be/ctyo6ulaUWA


あとは19,20,21,22,23,24番で終わりじゃ!
最大の難所は22番B♭moll のフーガだな。
それを過ぎたらあとは転がり落ちればよいのだ。
はー。反らし目線の子憎さよ。2012年6月まで、がんばるべ。
d0103561_19244862.jpg

[PR]
by smithsmori | 2011-12-22 07:00 | BWV880-

● 17番:BWV886  2011年12月4日

うさぎ年がモオスグ終わるーー急いで練習、仕上げ満足度いまいちー

BWV886 ( As Dur )
■ プレリュード
好き度:★★★★★★
32分音符のリズム動機!聴くに心地よき、弾くに不格好・・・カチっと決めたいのだがなー。ううう。


■ フーガ
好き度:★★
こんなところにこんな難度の高すぎる名曲が潜んでいるとは驚いた・・・ツカレタ・・・
http://youtu.be/smTcZOX8oew
[PR]
by smithsmori | 2011-12-04 14:26 | BWV880-

● 16番:BWV885  2011年11月13日

動くうさぎの前でこれだけ弾ければ充分か。うさぎ年の師匠にちなんで。

BWV885 ( g moll )
■ プレリュード
好き度:★★★★★★
左と右と同時に動く付点のリズム、師匠のような鋭さを表現するのは難しい。その動きを頭に覚えさせ指を動かすのだが、音の流れの美しさに気をとられていると、付点の音がダラダラとしてしまう。しかしこの曲、荘厳すぎても軽快すぎてもいかんなぁ。



■ フーガ
好き度:★★★★★★★★★★★★
どの部分から切り出して弾いてみても明瞭な主題。シツコイほどにあっちこっちに何度も出てくる重唱の動き、バッハらしい静かに燃えつづける展開こそバッハ曲演奏の歓喜であるな~と体感しながら弾いている。2巻の24曲中、それを一番強く感じる曲がこれ。
http://youtu.be/PV-2OPSYDOw
[PR]
by smithsmori | 2011-11-15 15:02 | BWV880-

● 15番:BWV884  2011年10月25日

BWV884 ( G dur )

■ プレリュード
好き度:★★★★★☆
http://www.youtube.com/watch?v=YEkKLGZjHlE
■ フーガ
好き度:★★★★★★★
快活なエチュード風に弾くよりも~やはり、調和を刻みながら冒頓とした感じに師匠が弾いているのが心地よく~。ところで楽譜を離すことが出来ないので、こうして動画で自分の手を見ると、指があること、指が動くというあたりまえの事実に改めて感謝する。


[PR]
by smithsmori | 2011-10-25 07:26 | BWV880-

● 14番:BWV883  2011年9月27日

BWV883 ( Fis moll )

■ プレリュード
好き度:★★☆☆☆
流れるようにタップリと弾く一般的な演奏でなく、刻みながらリズムを外さない師匠の演奏をマネしてみた、つもりだー。メトロノーム付 譜面にあるように ♪(8分音符)=108
http://youtu.be/K7pgudpCUfE

■ プレリュード
好き度:★★★★★☆☆☆
がんばってトリル練習を続けたがー、運指は3131でも、2121でも動かないものは動かない・・。それに気を取られ3声がそれぞれに奏でる、というよりは・・ずうずうしく出しゃばるって感じに仕上がっている。ああ、つくづくもっと軽く淡々と弾きたいものだ。


[PR]
by smithsmori | 2011-09-27 06:24 | BWV880-

13番:BWV882  録音: 2011年8月31日

BWV882 は特別なものにしたかった。しかしバッハ演奏は1ヶ月にしてならず、
連休になって急いで特訓をつづけたとて、特別な演奏が仕上がるはずもなく。

せめてもの思い出として、動かない動画を残してみた。
うさぎ年のスコットロス、私はいつもあなたを追いかける。

BWV882
■ プレリュード



■ フーガ (クラヴィノーバ)http://www.youtube.com/watch?v=_vNnE17lrLA


[PR]
by smithsmori | 2011-08-31 16:00 | BWV880-

「13番の魂」にちかづきたい新練習法

師匠のオハコであった、1971年のコンクールで審査員をうならせたという
13番の名曲の峠をのぼっている昨今。
その絶妙の音の運びと迫力においつきたく、このような仕上げ練習法を思いついた!

師匠の録音を横で流しながら、それと共に弾くのだ。そうすると、どのタイミングで
どの音をどの速さで運んでいるか、自分がそうでないかがよーーーくわかる。
しかし、うちのピアノ、調律が必要だってこともよーくわかる。
Fis Durのこの曲をあえて、師匠のチェンバロのピッチと同じくするために
半音さげてF Dur で弾いてみた。Fは楽だ。
楽なものに甘んじる現代人でいてはいかんのだが。

BWV882
■プレリュード
http://bwvbach.web.fc2.com/renahu813.WAV

d0103561_20433954.jpg

[PR]
by smithsmori | 2011-08-14 18:41 | BWV880-